So-net無料ブログ作成
検索選択

妄想は果てしなく [バイク日記]

妄想のワケ

今年度から会社の休暇制度が改定になって、年間の有給休暇が20日から25日へ増加したのだ。しかも、そのうち10日分は、なるべく連続して取得、少なくとも5日分は、前後の土日を挟んで9連休を奨励!

そんなわけで今年度からは、少なくとも年に2回、9連休が。

どうやら華麗なる勘違い(笑)をしていたようで・・・2回取れるというわけではないらしいorz

まあでも、最長2週間の休みを年に一回は確実にもらえるということには違いないんだけど。

 

 

さすがに北海道に2週間滞在するのも飽きちゃいそうだから、前か後に別のツーリングをくっつけちゃおうかな。

 

東京関西でオフ車軍団に囲んでもらって(笑)-舞鶴から北海道へ-道内で10日ほど滞在-フェリーで帰京

 

とか、

 

東京-東北めぐり-青森から函館へ-道内滞在-フェリーで帰京

 

とか、

 

いっそのこと、前半と後半にわけて前半は九州か四国、後半は北海道って具合にしたりとか。

 

・・・

 

たぶんこんなことしたら廃人になるな。サラリーマンに戻れる気がしない(^^;

 

うむむ、でも微妙に現実味が無いわけでもないから、妄想といいつつ考えながらちょっとドキドキ、なんか緊張してきた(なんじゃそら)。

 

1週間北海道ツーリングして、あとの1週間は毎日教習所に通って大型取得とか・・・いや、さすがにそれは休みがもったいないな。

 

 ジジ子ぉ~、どうしようか?


SbTC in 飛騨&能登ツー(2) [ツーリングの記録]

その1の続き。

 

宿に到着して、まずはひと風呂浴びてさっぱりと。そして・・・お待たせしました♪

書くことは何もありませぬ。味わうがよい!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理多すぎて、お酒が進まない。「これでもかってくらい出てくる」って噂に聞いてはいたけど・・・満足♪満足♪

 

さて、翌日(つまり月曜日)は帰るだけ・・・なんだけど、どこを通って帰るか決めていなかったので、晩飯後に一人作戦会議。

 枕元でツーマップルとにらめっこ。

 

一番近いインターから北陸自動車道で糸魚川ICへ抜け、そこからR148をひたすら南下。松本あたりから高速に乗って中央道経由で帰ることに。途中で時間があったら白馬でどこかに寄り道しよう。

 

もう寝ましょ。明日もいっぱい走ら・・な・・・きゃ・・・zzz

 

 

 

で、朝。2泊3日のツーリング最終日。能登一番の楽しみで、昨日は雲で見られなかったから今朝にかけていたのに。

 どど曇りorz

 

本当はこういうの見たかった。

氷見の観光協会HP
http://www.kitokitohimi.com/

 

 ま、しょうがない。「また来なよ」って神様が言っているってことで。

 

荷物の積み込み。土曜日の朝は自分でも笑っちゃうくらい下手糞だったけど、さすがに3回もやると少しは上手になってくる(笑)

北陸自動車道を経由して、糸魚川ICでふなじゅんさんとお別れ。私は国道をひたすら南下。丸2日間人と走った後にいきなり一人になると、なんか寂しいのう。「ジジ子、二人で無事に帰ろうね」と言いながら帰った。ちえちえさんも似たようなこと書いてたね(^^;

 

雨こそ降らないけど、アルプスは途中ほとんど見えず。でも道はすごく走りやすかった。見え隠れする糸魚川も綺麗だし。

 

お昼前に白馬村に。せっかくだからスキーのジャンプ台だけ見物していくことに。リフトで上まで行けるようになってる。

 

リフトを降りたら建物内のエレベーターでさらに上へ。そしてこんな恐ろしげな階段を上がる。

 スケスケ。まぢ怖ひ。

 

上からの眺めは最高に気持ちいい。 

 

でも飛べない。清水の舞台からはいっぱい飛んでるけど、ここからは絶対に無理!

 

その後白馬の道の駅で昼食。なんのおこわだったっけ?

 すごく美味かった。

 

途中からツーマップルの「気持ちのいいルート、R147よりおすすめ」という記述を信じて国道を逸れて北アルプスパノラマラインへ。これは正解だった。川沿いでペースもよくて気持ちいい。その後豊科ICから長野道に入り、中央道経由で17時に帰宅。高速代4000円オーバー。白馬~長野あたり、また行ってみたいけどちょっと勇気のいる金額だなぁ。

 

3日間で1027キロ。3日間続けてバイクに乗ったのは初めて。リアシートに大きな(っていうほどでもないけど)荷物積んで走ったのも初めて。バイクでまったく土地感のないところを走ったのも初めて。

何もかもが新鮮で、楽しかった。もちろん、心の奥底では「なんとしても無事に帰らなくては」みたいな緊張感はあったけど、なんて言うんだろう、とにかく幸せだったのだ。

 ありがとう、ジジ子。

 

あ、そうだ。自宅以外でシールドの掃除したのも初めて。晩秋からバイクに乗り始めたから、暖かい時期に高速走るとこんなになるとは知らなかったのだ。

 虫だらけ~。

 

現在の総走行距離:6028キロ

 

あ、そうそう、ふなじゅんさんも無事帰宅されたようで、よかったよかった。

 

 今回の走行ログ。

(出典:国土地理院地形図)


SbTC in 飛騨&能登ツー(1) [ツーリングの記録]

や、やっと書き上げました・・・。ていうほど?(笑)

 

土日の全国大会の顛末は参加された皆さんの記事がすでにアップされているから、そちらにお任せしちゃおうかな。風まかせ人まかせ♪

行きの行程は、私は皆さんとは別でちょっと早起きして山梨・長野の綺麗どころを走ろうと思っていた。

 

ということで、山梨の綺麗ドコロの写真をば!

 

 

 

 

 じゃ~ん♪

 

寝坊ちちゃったエヘ。起きたら9時ですよorz


朝飯も食わずに急いで出発。他の関東勢は10時に談合坂SA集合だったはずだけど、すでに10時半。もういないかもと思いつつも、一応行って見ると・・・まさに出発すべく駐輪場からバイクをバックさせている御一行とギリギリ合流成功。

 

そんなわけでラスカルさん達と一緒に行くことになった。途中山梨某所で下へ降りてスーパーで買出し(これが思いのほか時間がかかって、到着が遅れました)したり、ついでにほうとう屋の「小作」で昼ご飯。上の写真は小作で撮ったもの。

 

その後は天気も悪かったし途中寄り道もせずにロッジへ直行。途中のセブンイレブンで小休止したくらいかな(そこで鳥飼さんと偶然合流)。そんなこんなでロッジ到着が予定よりだいぶ遅くなってしまった。なので、行きがけに私が撮った唯一の写真は上の一枚だけ。ブロガー失格。ちえちえさんにチョー叱られた(笑)

 

ちえちえさんと言えば・・・

  ZZR3兄弟♪

同じ青だと思っていたけど、ちえちえさんのじじお君は紺色とメタリックブルーのツートン。これまた格好いい。そしてミラーボディ同色。他にも、

 

「600」ステッカーとか、280キロのメーターとか、結構違う。てゆーか馬力が2倍だしorz

 

薄暗くなるまで駐車場でバイク並べたり他のバイクに跨らせてもらったり。そんなこんなで夜は更けていったのだ。

 

 たこ飯とか、いろいろ。

 

飲みながら結構遅くまで起きていたはずだけど、突然の電池切れで倒れるように寝室へ退散してしまったのであんまり覚えていな・・・い。

 

そして翌、日曜日。雨のなか皆さんとお別れして私とふなじゅんさんは能登へ向けてひたすら北上。所用で直帰するYASHさんが途中で追いついてこられたんだけど、最初気付かなくて先に行かせようと端っこ走ったり左ウインカー出したり。暫くたってやっと「あ、YASHさんだ」と(笑)

 

 

富山から高速で西へ向かう頃には晴れてきたんだけど、その後うす曇に。パーキングで昼食。富山といえばこれでしょ。

  

ますの寿司と蕎麦セット。蕎麦は関西出汁でイマイチ・・・。うどんは関西がおいしいと思うけど、蕎麦汁は黒くないと・・・と思う関東人であった。

金沢森本で高速を降りて、海沿いの国道をひたすら北へ。

富来(とぎ)の海岸にある「世界一長いベンチ」。4百何メートルだかなんだかで、先が見えない。

 

朝10時と遅くに出発して、しかも山の中は雨でペースも落ちていたので、時間的に能登半島1周は全然ムリ。残念ながら、輪島の手前でショートカットして東側へ抜ける。まあ残念とはいいつつ、山を抜ける道、めっちゃ気持ちよかったけど。

 

その後2つの海上橋を渡りながら能登島をぐるっと。この辺は動画とりまくったのでそのうち編集しようかと。

 

17時半頃、氷見の宿へ到着。風呂の後、怒涛の海産物攻撃が始まる。。。

 

 

・・・長くなっちゃったので記事分けます。その2へ続く。


ただいま♪ [旅の空から]

3日間の走行距離1027キロ。お疲れさん、ジジ子。週末にオイル交換しちゃるからな〜。


白馬のジャンプ台 [旅の空から]

糸魚川沿いに国道を南下して白馬でちょっとだけ観光

これから帰路につきます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。