So-net無料ブログ作成
検索選択
2007年夏 北海道東北ツー ブログトップ
前の5件 | -

2007夏 北海道東北ツーまとめ [2007年夏 北海道東北ツー]

全行程のログとか
前書き 
まとめ
7/14〜15自宅〜仙台港〜フェリー〜苫小牧〜池田
7/16池田〜三国峠〜オロロン
7/17オロロン〜宗谷岬〜美深
7/18美深〜サロマ 〜ウトロ
7/19ウトロ〜知床観光〜中標津
7/20中標津〜釧路湿原〜帯広
7/21帯広〜南富良野〜札幌〜小樽
7/22小樽〜積丹〜大沼
7/23大沼〜函館〜フェリー〜大間〜尻屋崎〜小川原湖
7/24奥入瀬〜十和田湖〜鯵ヶ沢〜北秋田
7/25北秋田〜八幡平〜田沢湖〜遠野
7/26遠野観光
7/27遠野〜松島〜仙台
7/28仙台〜米沢〜自宅
  
  
高速代¥15000
フェリー代¥20000
宿泊¥35000
ガス代¥36000
その他¥40000
合計¥146000
  
  
総給油量235.62リットル
平均燃費21.62Km/L
最安値146円/L(紋別)
最高値159円/L(檜山)




nice!(12)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

2007年夏ツー ~ その14 [2007年夏 北海道東北ツー]

7月28日(土) のちときどき

道中庵YH~R286~仙台南IC~東北道~白石IC~R4~R113~(かつらの湯)~K7~(川西町フレンドリープラザ)~R287~米沢~R121~K333~R121~R459~K2~R115~猪苗代磐梯高原IC~磐越道~東北道~首都高~中央道~自宅

 

ずっと続いた晴天も昨日までで、今日は天気が悪くなる予報。ちょっと近いけど裏磐梯~猪苗代あたりで泊まろうと決めて、朝起きてまったり朝食。

食った後も食堂でうだうだ。昨日の夜談話室で話した人や、4歳くらいの男の子連れたお母さんと長話。お母さんは昔バイクであちこち走り回っていたときにユースをよく使ってたらしい。で、旦那さんが長期出張の合間に子供と車で旅行しているそうだ。十ウン年ぶりのユースでちょっと楽しみにしてたのに、「家族席」とかいって食事のテーブルを分けられてしまい、他の人と話ができずにつまらなかったんだって(笑)

 

9時頃、重たい腰をあげて出発。最初の目的地は白石のちょい西にある「かつらの湯」の岩風呂。今回の旅出発直前に、アウトライダーだか何かの記事で見てちょっと行ってみようと思ったのだ。途中高速を少し使って、10時頃に到着。

 国道から川沿いに下りて歩く

苦手なつり橋とか 

 200円払っていざ中へ

 

ここは入口から数メートル降りた岩穴のような中に湯船がある。以前大雨による増水で水没したことがあるらしい。熱めのお湯でさっぱり。

 

さきのつり橋の上から。実は結構ガクガクブルブルしながら撮ってる(笑)

 

 北海道からの道連れ

 

ここからはR113で西へ向けて走る。

意外と空いていて快適  

 七ヶ宿湖沿い

 

だいぶ雲が広がってきた 

 田んぼの泥でバレー大会?

 

市街地に入ってちょいと走り、川西町フレンドリープラザへ。

 mizuiroさんの写真を真似てみたw

 

ここ、なにかというと市民ホールです。もちろんただの市民ホールというだけならわざわざ寄ったりしないけど。

 

映画「スウィングガールズ」のロケ地なのだ。最後にコンクールのシーンで合奏した場所。

運良く空いていたのでそのホールの中も見れた♪ 

 

お次は国道を下って米沢市街へ。5月の奥飛騨ツーで食べた飛騨牛が忘れられず、今回は米沢牛を堪能。この日のために、諭吉さんを1枚ツーリング費用とは別に計上(笑)

選んだ店はグルメ小僧万吉。すき焼きとちょっと迷ったけど、牛刺しとステーキにした。

最初に渡された。期待が膨らますなぁ♪

 岩塩を自分で擂りながら、待つ

 

牛刺し、あまいっす~ 

 悶絶♪

 

あー満足。ちなみにこれにご飯つけて、しめて7500円!

 

満足したところで喜多方へ向かってR121。さすがにステーキ食ったばかりではラーメンも入らないので、そのままR459で裏磐梯方面へ。と、山に入ったらついに降ってきてしまった。

 色合いの地味な7-11で休憩

 

ふと携帯で天気予報をチェック。うーん、どうやらこの辺は明日までやむことはないらしい。ここらで一泊と思ってたけど、明日雨の中走ってもなぁ・・・。しかもちょうど帰宅することになる明日の午後は、東京の天気がものすごく不安定らしい。激しい雷雨だってorz

 

そして、しばらく考えて今日中に帰ってしまおうという結論に。地図を見ると高速に乗っちゃえば夜それほど遅くならないうちに帰宅できそうだし。明日の雷雨予報は、旅行から帰って一日くらい体をゆっくり休めなさいというお告げだと思うことにした。

そうと決まれば高速の入口まで直行・・・しないんだなこれが(笑)

 

R459からR115へ曲がる少し手前に、R115と平行して走る地方道が。雨も小康状態だし田園風景がいい感じなので、こっち経由でいきますかねー。

さらにわき道に入り込んでみたり 

 山の中の田園風景が結構好きかも

2日前の遠野をちょっと思い出したり 

 

ちょっとだけ猪苗代湖を見ていこうかと思ったけど、再び雨が降ってきちゃったので猪苗代磐梯高原IC(って、名前長っ)から高速に乗る。

 ひたすら走る~

ありがたいことに雨は南にいくに従っていつの間にかやんでくれた。けど、とにかく蒸し暑い。頻繁にPAに入っては水分補給。汗が止まらない。

隅田川の花火大会とちょうどかちあって、首都高はちょっと混雑。しかも普段めったに走らない5号線とか。夜の首都高、しかも不慣れなルートは異様に神経を使う。ここまで無事にきたんだから、絶対に事故らないように、と慎重に慎重に走って、20時半前に自宅へ到着!

 お疲れ~俺&タイガー

荷物降ろしてバイクを駐車場に持っていって、帰り道にコンビニでビールを仕入れる。エアコン全開の部屋で大好きなキリンラガーで乾杯しつつ、ツーリングマップルを広げて来年の計画を練るのだったw

 

この日の走行距離:518キロ

 

 


nice!(9)  コメント(13)  トラックバック(4) 
共通テーマ:バイク

2007年夏ツー ~ その13 [2007年夏 北海道東北ツー]

7月27日(金) 

遠野~スリーグリーンライン~R45~R398~R45~松島~松島海岸IC~三陸自動車道~仙台東部道路~仙台南部道路~長町IC~道中庵ユースホステル泊

 

この旅で初めての2連泊の朝。今日は夕方までに仙台入りすることに決まっているので、朝飯食ったらそそくさと8時前に出発。遠野、いつか再訪するぞと思いながら。

まずはスリーグリーンラインで太平洋沿いへ出る。この道、知ったのは春頃だろうか。遠野へ行くと決めたときに、その後ここを通ろうと決めていた。

 

 舗装林道をずーっとひたすら走る

貞任高原を走り抜ける 

 遠野の町からも見えた、たくさんの風力発電機

この辺はいくつか支線があるんだけど、そちらは全て砂利道。沢沿いを走るルートなんかもあるようで、やっぱ来年は絶対にシェルパだなー。

 

 

 高原と牧場を抜けるとこんな感じが続く

途中から雰囲気のいい川沿いに 

 

 そして海沿いのR45へ出た

 

ここからはひたすら海沿いの国道。海沿いとは言ってもほとんど海は見えないけど。主要国道なので交通量も多め。ひたすら我慢の走行。

 

途中で目にゴミが入ったのか、右目に痛みがorz

鏡付きの洗面所を求めてコンビニが現れるのを待つけど、こんなときに限ってなかなかなかったり。やっと見つけたときには、かなりやばい状態に・・・。使い捨てなので外して目を洗い、新しいのつけてみるけど、激痛でとてもとてもつけていられない。

しかたなくここからメガネにスイッチ。暑いときはメガネ嫌なんだよね。

 

距離の割りに時間のかかる道をひたすら走って、気仙沼で昼飯。ツーリングマップルに「フカヒレラーメン」って載ってる八珍チャイナへ。

で・・・・フカヒレは値段的に衝撃的だったので、チャーハン食べて先を急ぐ(笑)

 

そして暑さと退屈さでクラクラしながら走り続けいた石巻あたりだろうか。ちょっと休憩と思ってバイク停めて携帯を見ると、メールの着信ランプ

 

ふなじゅんさんからのメール。

 

「行かなくなりました」

財布を落としてしまいました(ry

 

えぇぇぇぇ!

私も去年の秋に和歌山でやらかしましたから・・・・お気持ちお察しします(T T)/~

 

そんなわけで、仙台での牛タンは急遽キャンセル。夜遅くなれば仕事が終わるYuboさんと合流できるかもしれないんだけど、ここんとこお忙しそうだったのでそれもちょっとわからず。もし一人ぼっちだと仙台で一晩過ごすのもなぁ。

そんなわけで、急遽予約していた仙台のビジホをキャンセル。仙台の中心部から南に下ったところにある道中庵ユースホステルに電話。夕食は間に合わなかったけど部屋は空いていたのでお願いすることに。

 

まあ仙台なんて近い近い。いつか3人で牛タンリベンジしましょう>ふなじゅんさん、Yuboさん

 

そんなこんながありつつも、気を取り直して松島へ寄り道。日本三景のひとつだし、やっぱ一度は見ないとねー。奮発して観光船も乗るべー。

 ・・・カモメ多すぎ

いやだから、邪魔だってば 

 結局これ1枚orz

 

芭蕉さん、あんたセンス悪いよ・・・・。この景色、絶句するほどかい?(笑)

 

ここからは高速で一気にワープ。ユース近くまできて、なんか面倒くさくなってしまったので夕食は偶然通りかかったマックで。

最近のマックって、店内綺麗だなー 

 

 

そして薄暗くなり始めた19時前に、ユースへ到着。

 なんか雰囲気すごい

旅館ですかい 

 玄関すぐの吹き抜け

古い豪家を移築したらしく、建物がすごいユースとして有名らしい。しかも部屋は純和室。畳敷きで、布団敷いて寝る。部屋にテレビまであるし。自転車で奥の細道を細切れで周っているという初老の人と、BMWのバイク乗ってる人の3人部屋。

 

風呂に入った後、談話室で同世代であちこちのユース泊まり歩いている人と、R1-Z(懐かしいねぇ)に乗ってる若い人とずーっと話して11時頃就寝。日曜日の天気予報がちょっと悪くなってて気になる・・・。

 

ひたすら移動の本日の走行距離:302キロ

 


nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク

2007年夏ツー ~ その12 [2007年夏 北海道東北ツー]

7月26日(木) 

遠野YH~川井住田大規模林道~荒川高原~K25~R340~大仁田林道~遠野ふるさと村~カッパ淵~トオヌップ展望台~遠野駅~遠野YH泊

 

前夜、ユースのペアレントに遠野の観光案内をしてもらった。結構面白そうだったので、今日は午前中は遠野観光して、午後移動することにした。

 

朝はゆっくりハラゴシラエ 

先へ進む人、今日家に帰る人、ユースに連泊して遠野観光を楽しむ人、いろいろ。何人かに見送られて、私も出発。まずは「バイクなら・・・」とお勧めされた荒川高原へ。

 今日も朝からアチー

 

あ、今日は写真ばっかです。

 

日陰がうれしい 

 この辺りはあちこちの道端に石碑が。

たばこの産地なのだ(あとホップ栽培も盛ん) 

 

高原へ向かう林道に入る道がわからなくてウロチョロ。でもこんな場所ならウロチョロするのだって楽しくてしかがたない♪

 トトロの世界っぽいなー

 

田んぼと納屋の間の細道を抜けて、高原へと向かう舗装林道を走る。

こういう場所での一人ぼっちは、結構好き 

 ちょっとだけ吹く風がきもちいい

 

 早池峰山のふもとをぐるっと一回りして(1車線幅の細道)、お次は「遠野ふるさと村」。昔の建物を移築したり再現した、こういう場所が結構好きなのだ。実家の近くにも「房総の村」というのがあって、帰省したときによく散歩しに行く。

 

曲がり屋。写真の右が住居で90度曲がった左が厩。間が土間の台所。厩はかならず南向きに作ってあって、北風が直接当たるのを防いだ。貴重な労働力だった馬を大切にしていたのだ。

 orz

 

 

暖房と、茅葺屋根をいぶして虫から守るために火を絶やさない。煙でいぶすために、生木を燃やしたりしたそうだ。

 

おしらさま 

青森岩手に昔から伝わる信仰。むかしむかしのちょっと悲しい物語が言い伝えられてる。片方がオスの馬、片方がお姫様。

 

 

山岳信仰も根強くて、この辺りには早池峰山へ向いている神社がいっぱいあるらしい。

 

「ひっつみ」という、小麦を練ったモノ。旨かった♪ 

 

それにしても、本当にいい場所だなぁ。半日じゃ全然足りないよ。3日間くらい逗留したい。

 

 

そんなわけで、ユースに電話して今日の夜もお世話になることにした。遠野の魅力あなどるなかれ。

でも、別に何がある場所でもないし、飽きちゃう人はすぐに飽きちゃってつまらないのかも。ちなみに遠野のユースホステル、過去の連泊最高記録は396泊だそうだ(笑)

 

ふるさと村を出て、次に向かったのはカッパ淵。この辺は盆地なので、とにかく暑い。水辺なら少しは涼しいかなーんなんてちょっと期待。

 道端にバイクとめてちょっと歩く

 

  

 カッパ淵。どうすか?出そう?(笑)

そんなに広くないし深くもなさそうだけど、結構雰囲気は出てるっぽい。水の流れが気持ちよかった。

 

駅前にもかっぱがいるらしいので行ってみた。

一見浴衣なんか着てかわいく見えるけど 

 意外とするどい爪先とか

てか、顔怖すぎですからw 

 

 

 道の駅で休憩。

後ろのポスターは「河童のクゥと夏休み」って映画のポスター。遠野が舞台なんだそうだ。

 

 

田んぼの中の一本道に入り込んでみたり。

 

 展望台があるので行ってみた

 

おお、遠野が見渡せる。こうしてみると盆地だっていうのがよくわかる。ダイヤモンド形の平地を、山が完全に囲んでいる。

 

  

この展望台は「トオヌップ展望台」というんだけど、語源がアイヌ語だという説があるらしい。「トオヌップ」とはアイヌ語で「湖のある丘原」という意味で、昔ここは湖だったと言われていたとか。

 

 干上がった湖の底か。暑いはずだ(^^;;;

 

 

駅前まで戻って、観光案内所の隣にあったここへ寄り道。

昔話を聞けます 

悲しい話、笑える話、いろいろ聞くと楽しくて、一番前の席にかぶりつきで1時間くらい聞いてしまった。

 

最後はユースに帰る道すがら、すぐ近くにある伝承園へ。閉館時間過ぎてたんだけど、おしらさま見るだけってことで交渉して入れてもらった。感謝。

 

 

 これやりたかったのだ♪

ちなみに、同じ願い事を去年は「夕張の幸せの黄色いハンカチ」のとこで壁に貼ってきた。

 

夕方、5時過ぎにユースへ到着。昨日から連泊している人は私が次の目的地に向けて出発したのを朝見ているのでびっくりしてた。えへへ。今晩もお世話になります(^^;

 

 なまら蝦夷の創刊号

 

今日も和気あいあいと 

 夜もまた盛り上がった

 

のんびり観光して、本日の走行距離は最短の166キロ。

 


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(2) 
共通テーマ:バイク

2007年夏ツー ~ その11 [2007年夏 北海道東北ツー]

7月25日(水) 

田代~R7~K2~小坂IC~東北道~鹿角八幡平IC~R341~K23~八幡平樹海ライン~八幡平アスピーテライン~K23~R341~K127~K194~乳頭温泉~田沢湖~R46~R106~R340~遠野YH泊

 

今日も引き続き晴れ。

大館を抜けて一路八幡平へ向かう。

 田んぼの真ん中に忽然と現れるドーム

今日も少し東北道を使いながら、先を急ぐ。小坂ICは前日の十和田湖から弘前へ抜けるときに高速に入ったIC。同じICを入って、今日は上り方面へ。

 

樹海ラインとアスピーテラインで八幡平を一周。日本100名道の写真集で見たとおりの、すごい景色が広がる。冬の寒さもあって、これ以上背の高い木が生えないんだろうな。

 

スカイラインとしては今回東北で走ったなかで最高だった。

 

ちなみにmoblogでも書いたけど、アスピーテラインで熊と遭遇。コーナー抜けたら30メートルくらい先の道の上でこっち見てた。お見合い状態で硬直してたら、すぐに脇の茂みに消えて行っちゃった。

 

八幡平を1周したらR341へ戻って南下。途中、宝仙湖の駐車場で休憩。八幡平の手前からずっと走りっぱなしだった。暑かったので自販機で冷たいアクエリアスを買ってのんでたら、営業車のバンに乗ったおっちゃん二人組がやってきた。話して、別れ際に「よかったら使って」と言って販促用のタオルもらっちゃった(^^)

 

 田沢湖高原への道

この先にある、乳頭温泉(て、すごい名前w)へ。前日のmoblogにj-taroさんがコメントでお勧めしてくれたので。

ここは何件もの温泉宿が集まっている場所なんだけど、それぞれ特色ある露天風呂があるそうな。こりゃ全部はムリだけど、何件かハシゴして入らねば・・・。

 

で、とりあえず最初は蟹場温泉。駐車場に行くとホクレンのフラッグを後ろの荷物に挿してあるセローが一台。お、同じようなルートで旅してんのかな

ここの露天風呂は、内湯がある宿の建物からちょっと離れたところに建ってる。

 いい雰囲気ですなぁ

と、セロー乗り氏とここで一緒になった。茨城から、やはりほぼ同じようにフェリーで北海道入りした後に青森から下っているそうだ。

趣のある宿の受付んとこ 

 たまにはコーヒー牛乳。なつかしー。

 

セロー乗り氏もここが1つめってことなので、この後も一緒に周ることにした。そうすればお互いに写真撮ったりできるし。

で、相談の結果2件目は鶴の湯に決定。乳頭温泉郷で一番古いらしい。

汗をかきつつ3キロほど走る 

 

 

お、なんか入口からしてそれっぽい雰囲気。時代劇とかに出てきそうだ。

 

とりあえず内湯。もちろん全て木で組んである 

 

そして露天風呂へ。思わず2人して「おぉー♪」の声が出る。

気持ちよかった~。半年先まで予約いっぱいというのもうなずける。

 懐かしのHI-Cしかも瓶!

昼飯代わりに、「うま芋ん」 

 

何件か周ろうとしていたけど、もうこの2つで満足。これ以上入ったらたぶん鼻血出る。というわけで、温泉はここまでにして先へ進むことに。国道に出たところでセロー乗り氏は南へ。私は田沢湖へ。またどこかでお会いしましょう♪

 

 田沢湖はぐるっと一周してみた

たつこ像。金ぴか。なぜ忽然と、金ぴか?(笑) 

確か水深が日本一だったっけ。雰囲気は十和田湖の方がよかったかなー。

 

ここまで来たところで時間は14時。そろそろ宿考えないと・・・。ツーリングマップルの最初についている東北全体のでっかい地図とにらめっこ。鳥海山、花巻、遠野で迷って、遠野に決定。なんとなく心惹かれた。今日は朝から山の中ばっか走っていたので、鳥海山はもういいやって気分。花巻はちょっと近すぎ。

遠野のユースホステルに電話したら運良く空いていたので食事つきで予約。夕方6時くらいまでに着いて欲しいとのことだったので、ここからはノンストップで。といいつつ遠回りしていくけど(笑)

 

まずはR46で盛岡へ。冷麺でも・・・と思ったけど時間も中途半端なのでそのままスルー。混雑した市街中心部を抜けたらR106。ここは気持ちよく走れる快走路だった。でもマップルにスピード取締り注意と書かれているので、ちょうどいいペースメーカーになる車を見つけて少し後ろをついてゆく。

山の中で忽然と現れたR340との分岐をあぶなく通り過ぎてしまいそうになりながら、予定通りのルートで遠野へ向かう。R340は最初はこんな感じ。6時なんて楽勝だなー。

 交通量はほぼ0

と思っていたら、途中からあれよあれよという間に道が細くなって、そのうち結構な酷道に。

この後トラックの後ろについてしまった 

結構時間を食ってしまい、日も傾きかけた頃にやっと山を抜ける。遠野まであと少し。

 

 

そして6時ちょうどに遠野YHに到着。結構お客さんががいっぱい。国籍もバラエティにとんでたり(^^;

この日も同宿の人に恵まれて、夜遅くまですごく楽しい時間を過ごした。ユースって色々な話を聞くけど、今回どこに泊まっても楽しい思いばかりしたなぁ。

 懐かしのアドベンチャーブックを発見♪

 

あまりに晴天が続くのでとっくに梅雨明けしたんだとばかり思っていたけど、東北はおろか関東でさえまだ梅雨明けしていないことを、このユースで知った。

 

本日の走行距離は417キロ

 


nice!(12)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク
前の5件 | - 2007年夏 北海道東北ツー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。